迎康子アナウンサーの経歴『NHKラジオ深夜便』アンカー

スポンサーリンク

今回は、NHKに所属する迎康子(むかいやすこ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

迎康子アナウンサーは、1974年入局のベテランアナウンサー。定年退職後もシニアスタッフとして活動。2006年からNHKラジオ第1『ラジオ深夜便』のアンカーを務めています。

 

迎康子プロフィール
出身地東京生まれの埼玉育ち
生年月日1950年7月31日(68歳)
身長?㎝
血液型?型
最終学歴東京学芸大学教育学部卒業
勤務局大阪→東京アナウンス室→ラジオセンター→北九州→ラジオセンター
活動期間1974年~
ジャンル情報
推定カップCカップ
趣味、特技

陶芸、美術館めぐり、早口言葉

出演番組(過去含む)

・NHKラジオ第1『ラジオ深夜便』毎月1・3週木曜担当(23:15~5:00)

迎康子アナウンサーの経歴。

 

迎康子アナウンサーの経歴は、東京都生まれの埼玉県育ち。埼玉県立浦和第一女子高等学校を経て、東京学芸大学教育学部を卒業後、1974年に旧姓の「福田」名義でNHKにアナウンサーとして入局しています。

 

NHK入局後は、初任地は大阪放送局。9月16日からインタビュー番組『女性手帳』のきき手アナウンサーを担当。(~1977年8月30日)

 

1977年から東京勤務となり、8月30日から『スタジオ102』の火・金のサブキャスターを務めています。(~1978年3月31日)

 

1978年9月4日からNHK教育テレビ『高校生の広場』を担当。ラジオセンターに異動し、NHKラジオ第1『午後のロータリー』『くらしのカレンダー』『おやすみのまえに』などの番組に出演。

 

その後、2002年6月から夫の転勤に伴い、4年間北九州放送局に勤務。その後、2006年6月にラジオセンターに復帰し、NHKラジオ第1『ラジオ深夜便』隔週木曜日のアンカーを務めています。

 

2010年で定年となりましたが、嘱託職→シニアスタッフとして引き続きNHKに在籍。2018年4月現在は、『ラジオ深夜便』毎月第1、第3木曜日のアンカーを担当しています。

 

迎康子アナウンサーのエピソードなど。

 

・実家は小さな工場を営んでいた。

 

・1990年にスタートした『ラジオ深夜便』には立ち上げ当初の企画会議から関わっている。

 

・北九州放送局時代には、環境審議会委員を務め、赴任翌年に移転した同局の公開イベントとして「朗読フェスティバル」を企画。2006年12月に「北九州市立文学館の集い」では、地元出身(現役中間市民)の芥川賞作家・村田喜代子とのトークショーで聞き手を務めた。また、現場トップとして女性職員の勤務環境改善に大きく貢献。これらの活動が高く評価され、離任前の時期に北九州市から「ベストボス賞」が表彰された。

 

・NHK町田教室で『迎康子の楽しい朗読』という一般参加者向けの講座の講師を務めている。

 

・出身高校の浦和第一女子高等学校は多くの著名人を輩出しており、アナウンサーでは広重玲子(TBS)、青木裕子(元TBS)、豊田順子(日本テレビ)、佐藤梨那(日本テレビ)などがいる。

 

迎康子アナウンサーまとめ。

 

・主にラジオ番組で活躍。

・退職後もアナウンサーとして活動し続けている。

今後も迎康子アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

『ラジオ深夜便-NHKオンライン』

関連記事
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NHK

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日

TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他フリー

その他ローカル局

TOKYO MX

お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者

出身大学偏差値

身長ランキング

アンケート集

タレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍
女性アナウンサー大図鑑

コメント