.

NHKえがわさゆりアナの出身高校大学や身長などの経歴は?

この記事は約 3 分で読むことができます。

2018年7月11日

今回は、セント・フォースに所属するえがわさゆりアナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

えがわさゆりアナウンサーは、元NHK福岡放送局の契約キャスター。2018年度から活動拠点を東京に移し、NHK総合の新番組『週刊まるわかりニュース』にリポーターとして出演しています。

 

えがわさゆりプロフィール
本名 江河小百合
出身地 福岡県北九州市
生年月日 1991年10月18日(26歳)
身長 159cm
血液型 B型
最終学歴 関西大学社会学部社会学科マスコミュニケーション学卒業
勤務局 NHK高知→NHK福岡→東京(セント・フォースに移籍)
活動期間 2014年~
ジャンル 情報
推定年収 ?
推定カップ Cカップ
趣味

食べること、スポーツ(マラソン、卓球、バレーボール)、マラソン

資格

英語検定2級

出演番組(過去含む)

・『週刊まるわかりニュース』(土曜朝9:00~9:30)

・『ロクいち福岡』

・『こうち情報BOX』 

えがわさゆりアナウンサーの経歴。

 

えがわさゆりアナウンサーの経歴は、福岡県北九州市出身、県立門司学園高等学校を経て、関西大学社会学部社会学科マスコミュニケーション学を卒業後、2014年4月に「江河小百合」名義でNHK高知放送局に契約キャスターとして入局しています。

 

高知放送局では『こうち情報BOX』などの番組に出演しています。

 

2016年度から地元のNHK福岡放送局に勤務。夕方のワイド番組『ロクいち福岡』番組内のコーナー「食いち!」(水)、「フォーカス福岡」(木)などにリポーターとして出演。明るい声と笑顔で周囲から「ハッピー発電所」と呼ばれていました。

 

 

2018年2月21日、NHK放送センターで開かれた「平成30年度新キャスター発表」の会見に出席し、NHK総合で4月7日(土)からスタートする新番組『週刊まるわかりニュース』に「えがわさゆり」という「ひらがな」名義でリポーターとして出演することが発表されています。

 

同月でNHK福岡放送局との契約を終了し、翌3月からセント・フォースに所属しています。

 

えがわさゆりアナウンサーの人物、エピソードなど。

 

・趣味は口笛で「なんでも吹きます♪」という。

 

・高知県で開催されている「竜馬マラソン」で完走。これまでにフルマラソンを3回全て5時間半前後で完走しており、体力には相当な自信がある。

 

・映画館でポップコーン売りのアルバイトをしているときに、客から「あなたの声と笑顔とっても素敵ね」と言われたことがアナウンサーになるひとつのきかっけになった。アナウンサーになって1人でも多くの人を幸せにしたいと思ったという。

 

・テレビ各局のアナウンサー試験にすべて落ちてしまい、NHK高知放送局に契約キャスターに。

 

・『ロクいち福岡』で共演していた井上二郎、林田理沙と共に東京に異動となる。

 

・結婚に関する情報はなくおそらく独身。

 

えがわさゆりアナウンサーまとめ。

 

・関西大学社会学部出身。

・2018年度から東京勤務『週刊まるわかりニュース』出演。

・2018年3月からセント・フォースに所属。

今後もえがわさゆりアナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事
【NHK】女性アナウンサーの異動や主な番組の降板や担当変更
  NHKに在籍する女性アナウンサーの人事異動や主な番組の降板や担当変更をお知らせしています。随時更新していきます。   平成30年度(2018)夏に異動となった女性アナウンサー ・阿部陽子(広島→東京→名古屋→東京→長野→東京→甲府→東京→日本語センター→ラジオセンター→大阪→東京アナウンス室) ・鹿島綾乃(大阪(記者)→宮崎(以後アナウンサー)→福岡→東京アナウンス室→甲府→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室) ・秋野由美子(富山→名古屋→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→熊本→大阪→東京アナウンス室→秋田)   平成30年度(2018)春に異動となった女性アナウンサー ・林田理沙(長崎→福岡→東京アナウンス室) ・副島萌生(大分→名古屋→東京アナウンス室)  ・柴田祐規子(岡山→東京アナウンス室→横浜→ラジオセンター→静岡→東京アナウンス室) ・安部みちこ(徳島→東京アナウンス室→松山→東京アナウンス室) ・佐々木彩(東京アナウンス室→名古屋) ・橋詰彩季(山形→名古屋) ・村上由利子(山口→盛岡→東京アナウンス室→盛岡→ラジオセンター→名古屋) ・庭木櫻子(徳島→福岡) ・渡邊佐和子(熊本→福岡→東京アナウンス室→大阪) ・杉浦圭子(東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→広島→大阪→広島) ・森下絵理香(福井→仙台) ・佐藤あゆみ(沖縄→静岡) ・首藤奈知子(松山→東京アナウンス室→日本語センター→東京アナウンス室→松山) ・山本志保(長野→東京アナウンス室→名古屋→さいたま(赴任当初は浦和局、さいたま市発足により改称)→東京アナウンス室→ラジオセンター→名古屋→ラジオセンター)   番組担当変更(東京) 2018年2月21日発表 出典:http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2018/02/003_2.pdf   こちらの公式PDFによりますと、担当番組の出演者が変更になった番組は以下の通り。   担当変更のみ【★は新番組】 『NHKニュースおはよう日本』(平日) (平日)5:00~08:00
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
  日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する。公式略称は(nippon housou kyoukai、nihon housou kyoukai)から「NHK(エヌエイチケイ)」と呼称・記されています。   NHKのアナウンサーは正職員はアナウンサー、非正職員は契約キャスターと分類されています。 NHKオフィシャルサイト 公式サイト:NHKアナウンスルーム   NHKの女性アナウンサー (退職者も含む。情報が古い場合があります)   関連記事 https://joseiana.com/archives/2355   1966年入局 ・遠藤ふき子(NHK放送センター→ドイチェ・ヴェレ→NHK日本語センター)   1972年入局 ・須磨佳津江   1974年入局 ・迎康子(大阪→東京アナウンス室→ラジオセンター→北九州→ラジオセンター)   1975年入局 ・桜井洋子嘱託職。入局以来東京アナウンス室   1977年入局 ・山田敦子(入局以来東京アナウンス室、NHK日本語センター)   1981年入局 ・杉浦圭子(東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→広島→大阪→広島)   1982年入局 ・渡邊あゆみ(東京アナウンス室→日本語センター出向→横浜→東京アナウンス室)   1984年入局 ・森田美由紀(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室→日本語センター出向→東京アナウンス室)   1986年入局 ・上田早苗(大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室)   1987年入局 ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台)   1988年入局
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください