.

岩田まこ都アナ(NHKきょうの健康)の結婚や子供や経歴など!

この記事は約 4 分で読むことができます。

2017年12月25日

今回は、シー・フォルダに所属するフリーアナウンサーの岩田まこ都(いわたまこと)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

岩田まこ都アナウンサーは、NHK-Eテレで放送されている放送開始50周年を迎えた長寿番組『きょうの健康』にメインキャスターとしてレギュラー出演しています。

 

岩田まこ都プロフィール
愛称 マコちゃん、まこたん
出身地 千葉県出身
生年月日 1973年11月24日(44歳)
身長 155cm
血液型 A型
最終学歴 東京アナウンス学院放送アナウンス科卒業
所属事務所 ジョイスタッフ→シー・フォルダ
ジャンル 情報番組
推定年収 ?
推定カップ Cカップ
趣味

読書、朗読、ボルダリング、ヨガ、歴史小説、天使グッズ収集、アニメ鑑賞、コミックの鑑賞、少林寺拳法、格闘技の観戦。

特技

香道、着物、古代史

資格

普通自動車免許、INTA国際ナチュラルセラピー協会認定セラピスト

出演番組

・NHK-Eテレ・総合『今日の健康・先どりきょうの健康』

岩田まこ都アナウンサーの経歴

 

岩田まこ都アナウンサーの経歴は、千葉県出身。私立千葉敬愛高等学校を経て、専門学校東京アナウンス学院放送アナウンス科を卒業後、主にフリーアナウンサーを擁する芸能事務所ジョイスタッフ所属のフリーアナウンサーとして活動しています。後にシー・フォルダに移籍しています。

 

テレビ朝日系の『スーパーモーニング』、『ANBスーパーJチャンネル』にリポーターとして出演。BS日テレ、tvk『ぐるり日本鉄道の旅』のナレーションを務めています。

 

1995年度からNHK教育テレビで放送されていた小学生向けの科学教育番組『やってみようなんでも実験』に実験レポーターとして1998年度まで出演。

 

1996年4月文化放送のラジオ番組『佐竹雅昭の覇王塾F』に1年間リポーターとして出演しています。

 

2000年からNHK教育の健康情報番組『きょうの健康Q&A』に中岡由佳(現・セント・フォース)と共にリポーターとして出演。視聴者からは「まこゆかコンビ」で人気を得ていました。2歳年下の中岡由佳とは長年共演しておりプライベートでも仲が良く彼女のブログに登場しています。

2007年7月16日(当時34歳時)、自身の公式サイト(現在は閉鎖)で28歳の時に結婚していた事と共に現在妊娠7ヶ月である事を発表し、全ての担当番組を降板し産休入りしています。中岡由佳のブログによると同年10月18日に女児を出産したと報告されています。

 

その後、2008年3月、J:COM港・新宿『みなとクイックジャーナル』のリポーターで仕事に復帰しています。

 

2012年10月7日からTBSラジオ『橋幸夫の地球楽団』のアシスタント役を番組終了の2017年3月26日まで5年間務めています。

 

他には、NHK(教育含む)では『日曜フォーラム』『スタジオパークからこんにちは』『プレマップ・テレマップ』などの番組に出演しています。

 

2015年には、放送大学『今日のメンタルヘルス』、2016年には、放送大学『地域と都市の防災』の聞き手役で出演。

 

2016年4月4日からはNHK-Eテレ『今日の健康』、NHK総合『先どりきょうの健康』のメインキャスターを黒沢保裕と共に務めています。

 

テレビCMでは『ダイワハウス』D-ROOMのCMにキャスター役、『アリコジャパン』のCMにリポーター役、メットライフ生命のCMなどに出演しています。

 

岩田まこ都アナウンサーの結婚相手や「離婚」のキーワード

 

岩田まこ都アナウンサーの結婚相手の夫については、職業などの情報は一切ないようです。また、ネット検索では「離婚」というキーワードが出てきますが、そのような情報も現時点では一切ないようです。

 

岩田まこ都アナウンサーまとめ

 

・長年NHKの番組に出演している。

・既婚者で女児を出産している。

今後も岩田まこ都アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式

『岩田まこ都プロフィール』

関連記事
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
  日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する。公式略称は(nippon housou kyoukai、nihon housou kyoukai)から「NHK(エヌエイチケイ)」と呼称・記されています。   NHKのアナウンサーは正職員はアナウンサー、非正職員は契約キャスターと分類されています。 NHKオフィシャルサイト 公式サイト:NHKアナウンスルーム   NHKの女性アナウンサー (退職者も含む)(情報が古い場合があります)   関連記事 https://joseiana.com/archives/2355   1975年入局 ・桜井洋子 元エグゼクティブアナウンサー(局長級)。現在は嘱託職。入局以来東京アナウンス室   1977年入局 ・山田敦子 エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学文学部卒業(入局以来東京アナウンス室、NHK日本語センター)   1981年入局 ・杉浦圭子 チーフアナウンサー(東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→広島→大阪)   1982年入局 ・渡邊あゆみ エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学教養学部卒業(東京アナウンス室→日本語センター出向→横浜→東京アナウンス室)   1984年入局 ・森田美由紀 エグゼクティブアナウンサー(局次長級)。(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室→日本語センター出向→東京アナウンス室)   1986年入局 ・上田早苗(大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室)   1987年入局 ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台)アナウンス担当副部長   1988年入局
女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
  フリーランスとして活動している女性アナウンサー、キャスター名鑑です。   セント・フォースや三桂などのアナウンサーに特化した事務所に所属する場合が多いですが、最近では、ホリプロなどの大手芸能プロダクションに所属する場合も多いです。   今後も随時更新していきます。(リポーターやお天気キャスターとして出演していた者も記述)   女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】 セント・フォース、フォニックス所属の女性アナウンサーはこちらから https://joseiana.com/cent-force https://joseiana.com/phonics 事務所移籍など情報が古い場合もあります。   NHK契約キャスター(過去も含む) ・国谷裕子(元クローズアップ現代司会) ・遠藤育美(シブ5時) ・駒村多恵「あさイチ」(三桂) ・久田直子「きょうの健康」 ・岩渕梢「くらし☆解説」(ライムライト) ・小林恵子(ライムライト) ・村上文香(NHK大津、元NMB48メンバー)   『ひるまえほっと』首都圏放送(2017年4月7日現在) ・安部香央里 ・高橋温美 ・勝田真季 ・小村弥生 ・島 紗理 ・清水明花 ・竹澤知位子 ・西村美月 ・本庄美奈子 ・松尾衣里子 ・宮澤結花 ・八木菜月 卒業 ・菊池真帆 ・高松祥子 ・中嶋 梓 ・角宮英里 ・田中里香 ・藤田悦子 ・井上朋子 ・菅野真美恵   NHKBS1『BSニュース』 ・長谷川静香(2017年4月1日~) ・竹村優香(2017年2月1日~) ・山住悠(2016年3月29日~) ・高嶋未希(2016年3月30日~) ・杉本麻紀(2014年4月1日~) ・上代真希(2012年4月3日~) ・實石あづさ (2013年4月~2016年8月23日、2017年復帰) 卒業 ・白石理央(2016年8月24日~2017年3月) ・工藤紋子(2013年4月1日~2017年3月31日) ・井上真帆 (2014年1月13日~2017年1月29日) ・滝本沙奈(2014年4月2日 ~2016年3月18日) ・堤真由美(2011年5月~2016年3月29日)   NHK大阪 ・塩見泰子 芸能プロダクション所属 オールウェーブ・アソシエツ
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す