.

小松美智子元アナウンサーの経歴や夫は?『ひるおび!』コメンテーター

この記事は約 4 分で読むことができます。

2017年12月26日

今回は、エクステンションに所属する小松美智子(こまつ みちこ)アナウンサーについての情報をリサーチして行きます。

 

小松美智子アナは、TBS系のワイド番組『ひるおび!』にコメンテーターとして出演しています。

 

 

 

スポンサーリンク

小松美智子プロフィール
出身地 広島県広島市
生年月日 1978年11月21日(39歳)
身長 ?㎝
血液型 O型
最終学歴 成蹊大学法学部卒
所属事務所 エクステンション
活動期間 2001年~
ジャンル 報道
推定カップ Cカップ
趣味

ピアノ、読書、クラシックバレエ、絵本リーディング、料理

 

資格

精神保健福祉士、厚生労働省指定キャリア・コンサルタント能力評価試験合格、MBTI認定ユーザー資格(国際規格性格心理検査 米国レベルB検査)

出演番組(過去含む)

・TBS系『ひるおび!』木曜1部コメンテーター

小松美智子アナの経歴

 

小松美智子アナウンサーの経歴は、広島県広島市出身、広島県立海田高校を経て成蹊大学法学部を卒業後、2001年に旧名の「清水美智子」名義で日本テレビ系列の鳥取県鳥取市にある日本海テレビジョン放送(NKT)にアナウンサーとして入社しています。

 

同局では『Go!5!知っテレビ』のメインキャスター・リポーター、『ニュース日本海プラス1』のスポーツキャスタなどを担当しています。2004年4月には、地元の広島ホームテレビ(HOME)に移籍。夕方の『HOME Jステーション』のニュースキャスター、お天気キャスターや『ANNニュース』のキャスターなどを担当。

 

2005年4月には、テレビ東京系のテレビ愛知(TVA)に移籍。同局では地上デジタル放送推進大使を務めています。一方では俳優養成所へ通っていました。2008年3月31日で同局を退職。 翌4月からは声優プロダクションの「ビーボ」に所属。活動拠点を東京に移しています。

 

2010年11月1日より「小松美智子」に改名。2011年3月21日に2010年11月1日に声優の小松史法と入籍したことを公表しています。2012年10月1日より「アクロス エンタテインメント」に所属。現在は「エクステンション」に所属。

 

フリーアナウンサー、声優、ナレーター、精神保健福祉士、キャリアカウンセラーなど幅広く活動。 株式会社メンタル・キャリア・ライド代表取締役。

 

2016年よりTBS系『ひるおび』の毎週木曜日1部にコメンテーターとしてレギュラー出演中です。

 

小松美智子アナの結婚や子供について

 

夫は声優の小松史法(こまつ ふみのり)。東京都出身。生年月日は1978年7月23日(39歳)。

元々は野球選手を目指していたが、大学2年のときに足の怪我のために挫折。その後は着物屋に勤めていたが、大学卒業後にカラオケ屋でアルバイトしている際に舞台を観に行って役者に興味を持ち、わずか4ヶ月で着物屋を退職、そして友人に薦められて役者への道を進むことになった。 以前はオフィスPAC、アクロス エンタテインメント(-2016年12月)に所属していた。
出典:wikipedia.org/wiki/小松史法

海外ドラマ「ゴシップガール」では夫婦で親子役を演じています。(ジェニー・ハンフリー役。夫はジェニーの父親・ルーファス・ハンフリー役。)

 

2014年にはアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』のジャン・ピエール・ポルナレフ役を演じている。

 

小松美智子アナまとめ

・元地方局アナウンサー

・声優、ナレーター、精神保健福祉士、キャリアカウンセラーなど幅広く活動

・TBS系情報番組『ひるおび!』コメンテーター

今後も小松美智子の活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式

『小松美智子プロフィール』

関連記事
女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
  フリーランスとして活動している女性アナウンサー、キャスター名鑑です。   セント・フォースや三桂などのアナウンサーに特化した事務所に所属する場合が多いですが、最近では、ホリプロなどの大手芸能プロダクションに所属する場合も多いです。   今後も随時更新していきます。(リポーターやお天気キャスターとして出演していた者も記述)   女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】 セント・フォース、フォニックス所属の女性アナウンサーはこちらから https://joseiana.com/cent-force https://joseiana.com/phonics 事務所移籍など情報が古い場合もあります。   NHK契約キャスター(過去も含む) ・国谷裕子(元クローズアップ現代司会) ・遠藤育美(シブ5時) ・駒村多恵「あさイチ」(三桂) ・久田直子「きょうの健康」 ・岩渕梢「くらし☆解説」(ライムライト) ・小林恵子(ライムライト) ・村上文香(NHK大津、元NMB48メンバー)   『ひるまえほっと』首都圏放送(2017年4月7日現在) ・安部香央里 ・高橋温美 ・勝田真季 ・小村弥生 ・島 紗理 ・清水明花 ・竹澤知位子 ・西村美月 ・本庄美奈子 ・松尾衣里子 ・宮澤結花 ・八木菜月 卒業 ・菊池真帆 ・高松祥子 ・中嶋 梓 ・角宮英里 ・田中里香 ・藤田悦子 ・井上朋子 ・菅野真美恵   NHKBS1『BSニュース』 ・長谷川静香(2017年4月1日~) ・竹村優香(2017年2月1日~) ・山住悠(2016年3月29日~) ・高嶋未希(2016年3月30日~) ・杉本麻紀(2014年4月1日~) ・上代真希(2012年4月3日~) ・實石あづさ (2013年4月~2016年8月23日、2017年復帰) 卒業 ・白石理央(2016年8月24日~2017年3月) ・工藤紋子(2013年4月1日~2017年3月31日) ・井上真帆 (2014年1月13日~2017年1月29日) ・滝本沙奈(2014年4月2日 ~2016年3月18日) ・堤真由美(2011年5月~2016年3月29日)   NHK大阪 ・塩見泰子 芸能プロダクション所属 オールウェーブ・アソシエツ
【TBS】女性アナウンサー名鑑【一覧】
  株式会社TBSテレビ(ティービーエステレビ、英: Tokyo Broadcasting System Television, Inc.)は、関東広域圏を放送対象地域としてテレビジョン放送を行う特定地上基幹放送事業者です。   ネットワークは「JNN(Japan News Network)」。   TBS公式サイト ⇒TBSアナウンスBoo TBS女性アナウンサーカレンダー2018 アナウンサーカレンダー2018 TBS女性アナウンサー名鑑【一覧】(退職者も含む) 情報が古い場合があります。 1977年入社 ・吉川美代子(2014年5月31日に定年退職、キャスト・プラス取締役)1954年5月8日 神奈川県横浜市 神奈川県立横浜平沼高等学校 早稲田大学教育学部 ・三雲孝江(1990年10月退社、オフィス・ミクモ)   1987年入社 ・長峰由紀 1963年6月28日 埼玉県 埼玉県立松山女子高等学校 立命館大学文学部中国文学科   1990年入社 ・渡辺真理(1998年3月退社、フリー) ・有村美香(2010年7月に総務部へ異動)   1991年入社 ・秋沢淳子 1967年4月8日 埼玉県飯能市 聖望学園高等学校 慶応義塾大学法学部政治学科   1993年入社 ・雨宮塔子(1999年退社、プントリネア)   1994年入社 ・長岡杏子 1971年7月4日 秋田県 横手市秋田県立横手高等学校 慶応義塾大学法学部 ・進藤晶子(2001年9月退社、フリー)   1995年入社 ・小川知子 1971年12月24日 東京都新宿区 東京家政学院 慶応義塾大学文学部 ・堀井美香 1972年3月22日 秋田県 秋田県立秋田北高等学校 法政大学法学部 ・小島慶子(2010年4月3日退社、現在オスカー所属)   1996年入社 ・木村郁美 1973年1月19日 東京都 カリフォルニア州立ロイヤルトン高校 学習院大学英米文学科   1997年入社 ・小倉弘子 1974年9月4日 東京都 私立京華女子高等学校 東洋英和女学院大学社会科学部   1998年入社 ・外山惠理 1975年10月22日 東京都 慶応義塾女子高等学校 慶応義塾大学文学部  
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す