鈴木理加アナの経歴【元鹿児島放送、元テレビ大阪】

スポンサーリンク

2016-10-04_134932

今回は、舞夢プロに所属する鈴木理加(すずきりか)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

鈴木理加アナは、鹿児島放送アナウンサー、テレビ大阪契約アナウンサーを経て、現在はフリーアナウンサーとして活動しています。

 

鈴木理加プロフィール
愛称りっかん、りかちん、すずキッス、キッス
出身地広島県三原市
生年月日1986年7月1日(32歳)
身長158cm
血液型AB型
最終学歴成城大学卒業
職歴テレビ大阪(TVO)
活動期間2009年~
推定年収?
推定カップB
趣味

おいしいトマト料理さがし、ゴルフ、ランニング、プロ野球観戦、ミュージカル鑑賞、加圧トレーニング

特技

茶道(裏千家)、お抹茶をふんわりたてること、どこでも寝られること、サウナの長居

好きな飲み物

トマトジュース、ビール

世界中のおいしいトマトを食べること

好きな言葉

反省しても後悔はするな

尊敬する人

両親、ベッキー、小宮悦子アナウンサー

資格

英語検定2級、ニュース時事能力検定3級、普通自動車免許、茶道裏千家初級、アスリートフードマイスター3級

出演番組(過去含む)

・テレビ大阪『やさしいニュース』

鈴木理加アナウンサーの経歴。

 

鈴木理加アナウンサーの経歴は、東京都中央区生まれ、広島県三原市出身、広島大学附属三原幼稚園、小学校、中学校、広島県立尾道北高等学校を経て、成城大学を卒業後、2009年4月にテレビ朝日系列の鹿児島放送(KKB)に入社しています。

 

中学時代より旧広島市民球場でプロ野球観戦したのをきっかけに熱烈なカープ女子となり関連グッツなども集めているといいます。

 

大学時代には、東京アナウンスセミナーでアナウンス技術を学んでいます。

 

大学では茶道部に所属していました。

 

自身の性格については、落ち込んでも一晩寝るとリセットできる超プラス思考型だといいます。

 

鹿児島放送時代

 

入社後は、『KKBニュース』、『KKBスーパーJチャンネル』の月、水、金曜日の気象キャスターなどを担当。

 

2009年から2012年まで毎回、第91、92、93、94回全国高等学校野球選手権鹿児島大会中継のスタンドリポート、ベンチリポート、実況を担当しています。

 

また、テレビ朝日系で大晦日に放送されていたバラエティ番組『全国おもしろニュースグランプリ』には、鹿児島放送代表として出演しています。

 

2010年の全国高等学校野球選手権大会中継では「燃えろ!ねったまアルプス」(阪神甲子園球場アルプススタンドでの応援団リポート)を担当しています。

 

また、金曜深夜の情報番組『Kingspe』の3代目MCを務めていました。

 

テレビ大阪時代。

 

2013年3月31日付けで鹿児島放送を退社し、同年4月1日より、テレビ大阪(TVO)に契約アナウンサーとして入社しています。

 

平日夕方に放送されていた報道番組・経済情報番組である『夕刊7ch』のレギュラーリポーターを務め、2014年3月31日からメインキャスターを務めています。

 

2015年3月27日より『ニュースリアルFRIDAY』のサブキャスターを担当していましたが、メインキャスターの長谷川豊(元フジテレビ)の降板により、2016年9月30日放送分からメインキャスターを務めています。

 

2015年3月30日より『夕刊7ch』の後継番組である『ニュースリアルKANSAI』のメインキャスターを務めています。2017年3月31日付けで契約期間終了のため同局を退職しています。

 

その後、大阪の芸能事務所である舞夢プロに所属。2018年4月5日からテレビ和歌山『6時のわかやま』の木曜放送分でメインキャスターを務めています。(~2019年3月)

 

また、古巣のテレビ大阪で『やさしいニュース』のナレーションを担当しています。

 

鈴木理加アナウンサーまとめ。

・元鹿児島放送アナウンサー。

・元テレビ大阪契約アナウンサー。

 

今後も鈴木理加アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事
女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
フリーランスとして活動している女性アナウンサー、キャスター名鑑です。 セント・フォースや三桂などのアナウンサーに特化した事務所に所属する場合が多いですが、最近では、ホリプロなどの大手芸能プロダクションに所属する場合も多いです。...