森開こゆきアナの結婚相手の夫(旦那)や子供や高校大学は?(テレビ金沢)

スポンサーリンク

 

今回は、テレビ金沢(KTK)に所属する森開こゆき(もりかいこゆき)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

森開こゆきアナは、2019年度入社の若手アナ。現在2子を育てるママアナであり、そのキュートなルックスが、ネット上で「かわいい」と評判です。

 

森開こゆきプロフィール
出身地富山県黒部市
生年月日1992年1月23日(30歳)
身長157㎝
血液型O型
最終学歴立教大学コミュニティ福祉学部コミュニティ政策学科卒業
推定カップCカップ
趣味

ガーデニング、読書、雑貨屋巡り、編み物、ショッピング

資格

剣道二段、全国手話検定3級

同期

高橋泉

出演番組(過去含む)

・『となりのテレ金ちゃん』など

森開こゆきアナの結婚相手の夫(旦那)や子供や高校大学は?(テレビ金沢)

森開こゆきアナウンサーの経歴。

森開こゆきアナウンサーの経歴は、富山県黒部市出身、富山中部高等学校を経て、立教大学コミュニティ福祉学部コミュニティ政策学科を2014年に卒業後、雑貨店の店員を務めています。

 

その後、石川県にある芸能事務所モデルエージェンシー・アドバンス社に所属し、フリーアナウンサーとなり、2017年4月からテレビ金沢で毎週月曜~木曜の夕方に放送されているニュース・情報ワイド番組『となりのテレ金ちゃん』のお知らせコーナーに出演しています。(~2018年2月)

 

また、テレビ金沢『テレ金レジャナビSummer』、チューリップテレビ『ミタイノコレクション』、第四銀行のテレビCMなどに出演しています。

 

2019年4月からは、テレビ金沢(KTK)の契約アナウンサーとなり、『となりのテレ金ちゃん』のお天気中継でデビュー。テレビ金沢ニュースや、NewsZEROの県内ニュースなどを担当しています。そして、2年目の2020年4月からは『となりのテレ金ちゃん』のサブMCを担当しています。

 

 

2020年12月11日・18日には、日本テレビ系バラエティ番組『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。オドぜひ恒例企画女性アナウンサーSP』に、小松千絵(山梨放送)、日高優希(テレビ新潟)、有田優理香(広島テレビ)らとゲストで出演しています。

 

2021年9月27日には、同番組「あのぜひらーは今」にリモートで出演しています。

 


森開こゆきアナの結婚相手の夫(旦那)や子供は?

 

森開こゆきアナは、大学在学中に当時大学生だった現在の夫と交際を始め、3年生の時に第1子長男を出産しています。その後、フリーアナ時代の2018年9月に次男を出産しています。

 

また、結婚相手の夫の職業などの詳細情報は明かされていないようです。また、『オドぜひ』出演時のテロップによると、夫にとって森開アナが初めての彼女だったということです。

 

人物・ほかのエピソードなど。

 

・4姉妹の次女。両親は富山県黒部市にあるパン屋「田舎ぱん パパぱんの店」とバウムクーヘン店「ふくる」を経営。母はチューリップテレビ開局時のアナウンサー浅野愛子であり、母の影響でアナウンサーを志した。

 

・小学生時代は、水泳を6年間、バトミントンを2年間習っていた。

 

・中学時代からは祖父の影響で剣道部に所属し、2段を取得した。

 

・高校時代は放送部に所属し、全国高等学校総合文化祭でアナウンス部門において優秀賞を受賞し地元の新聞に掲載された。

 

・大学時代は手話サークルに所属。全国手話検定3級を取得し日常会話レベルの手話が話せる。

 

・大学の卒論「大学が少子化問題を解決する」がきっかけとなり、立教大学新座キャンパスに託児所が設けられ、その事が認められて第1回研究実践奨励賞を受賞している。

 

・スリーサイズは、B82-W59–H86。

 

森開こゆきアナウンサーまとめ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

森開こゆき(@koyuki_morikai)がシェアした投稿

・大学時代に結婚して出産をしている。

・雑貨屋に勤めていた。

・ネットでかわいいと評判。

今後も森開こゆきアナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式

アナウンサー:森開こゆき

関連記事
地方局(ローカル)に勤務する女性アナウンサー・キャスター名鑑【一覧】
地方の放送局に勤務する女性アナウンサー名鑑【一覧】です。(NHK以外) 民放キー局以外にも魅力的な女性アナウンサー達がたくさんいます。 随時更新していきますが、移籍情報が古い場合もありますのでご了承下さい。

テキストのコピーはできません。