寺田菜々海アナのプロフィールや経歴まとめ(TKUテレビ熊本)

スポンサーリンク

今回は、テレビ熊本(TKU)に所属する寺田菜々海(てらだななみ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

寺田菜々海アナウンサーは、屋久島育ちのおっとりとした天然系の明るいキャラで視聴者から愛されているようです。

 

寺田菜々海プロフィール
出身地鹿児島県屋久島町
生年月日1988年10月06日(30歳)
身長?cm
血液型B型
最終学歴鹿児島大学法文学部人文学科卒業
職歴テレビ熊本(2011年4月~)
活動期間2011年~
推定年収?万円
推定カップCカップ
趣味

楽しくお酒を飲むこと、観光名所・歴史施設めぐり

特技

日本舞踊

担当番組(過去含む)

・『英太郎のかたらんね』など

寺田菜々海アナウンサーの経歴。


出典:http://blog.mbc.co.jp

寺田菜々海アナウンサーの経歴は、鹿児島県熊毛郡屋久島町出身、鹿児島県立屋久島高等学校を経て、鹿児島大学法文学部人文学科を卒業後、2011年4月にフジテレビ系列局であるテレビ熊本(TKU)にアナウンサーとして入社しています。

 

大学時代の2008年11月2日から1年間、『第4代かごしま親善大使』を務め、全国各地でPR活動を行っています。アナウンサーを目指し、元九州放送の川上政行が代表を務める『福岡アナウンススクール』に通っています。(2010年度卒業)。

 

テレビ熊本入社後は、7月に初鳴き。平日朝の情報番組『英太郎のかたらんね』、『TKUスーパーニュースぴゅあピュア』の第1部サブキャスター、第2部お天気キャスターを担当。『TKUSuperNEWS』の第2期平日版お天気キャスター、『TKUみんなのニュース』のお天気キャスター、全国中継のコーナー『みんなのふるさと』などを担当。

2016年4月に自身のブログで結婚と挙式、披露宴を執り行ったことを報告。(結婚相手の夫(旦那)の職業などの詳細情報は公にはされていないようです)

 

その後、8月に妊娠、10月末に産休に入ることを報告。12月末頃に第1子となる男児を出産しています。

 

2017年12月8日に育児休業から復帰。現在は『FNNスピーク』、『TKUニュース』などのニュースの他、2018年4月からは『英太郎のかたらんね』の月曜日コーナー「ふるさと便り」などを担当しています。

 

2018年9月8日から放送の『FNS27時間テレビ』番組内コーナー『FNS対抗!メシの祭典』に、熊本県代表としてタレントの井手らっきょと共に出演しています。

 

人物。他のエピソードなど。

 

・世界遺産の屋久島でのんびり育った。

 

・4姉妹の次女で10歳と8歳年が離れた妹がいる。

 

・特技である日本舞踊は小・中・高校時代の12年間習っていた。

 

・大学時代の同級生には、山下智子(鹿児島放送)がいる。系列同期の井上彩香(鹿児島テレビ)と3人で仲がよい。

 

・2012年7月21日放送の『FNS27時間テレビ27時間テレビで全国歌うまアナ決定!?直前SP』で川中美幸の「二輪草」を披露した。

 

・2016年5月に放送したドキュメンタリー番組『槻木の里の風だより』が、2016年の日本民間放送連盟賞でテレビエンターテイメント部門で優秀賞を受賞した。

 

・憧れの人は、両親、高島彩。

 

寺田菜々海アナウンサーまとめ。

 

・『第4代かごしま親善大使』を務めた。

・世界遺産の屋久島育ち。

今後も寺田菜々海アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

『アナブロ:寺田菜々海』

関連記事
地方局(ローカル)に勤務する女性アナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
地方の放送局に勤務する女性アナウンサー名鑑【一覧】です。(NHK以外) 民放キー局以外にも魅力的な女性アナウンサー達がたくさんいます。 随時更新していきますが、移籍情報が古い場合もありますのでご了承下さい。