赤木由布子アナがかわいい!高校大学や彼氏結婚は?(KSB瀬戸内海放送)

スポンサーリンク

 

今回は、KSB瀬戸内海放送に所属する赤木由布子(あかぎゆうこ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

赤木由布子アナは、2019年入社の若手アナ。KSB入社前に気象予報士試験に合格した才媛であり、その元気で明るい人柄が、ネット上で「かわいい」と評判です。

 

赤木由布子プロフィール
出身地大阪生まれ横浜育ち
生年月日199?年1月6日(25歳?)
身長?cm
血液型O型
最終学歴横浜国立大学教育人間科学部卒業
職歴瀬戸内海放送(2019年4月~)
活動期間2019年~
推定年収?万円
推定カップC
趣味・特技

韓国の時代劇と韓国アイドル、陸上

資格

気象予報士、防災士

座右の銘

「継続は力なり」

担当番組(過去含む)

・『さきどり!ニュースパ』

・『News Park KSB』

・『KSBニュースview』

・『ヒルペコ』

赤木由布子アナがかわいい!高校大学や彼氏結婚は?(KSB瀬戸内海放送)

赤木由布子アナウンサーの経歴。

 

赤木由布子アナウンサーの経歴は、大阪府生まれ神奈川県横浜市育ち。横浜翠嵐高等学校を経て、横浜国立大学教育人間科学部を卒業後、2019年4月に岡山県・香川県を放送対象にしている瀬戸内海放送(KSB)に入社しています。

 

KSB入社後は、4月8日から平日夕方のローカルワイドニュース番組『KSBスーパーJチャンネル』でお天気キャスターや中継などを担当しています。

 

2021年1月18日からは、同番組が『News Park KSB』にリニューアルされ、番組内コーナー「こつこつ防災」のMCを担当しています。

 

ほかに『さきどり!ニュースパ』、グルメ番組『ヒルペコ』などの番組を担当しています。

 

また、赤木由布子アナには、これまでに彼氏や結婚などの明確な恋愛情報はなく現在独身です。

 


人物・他のエピソードなど。

 

・2021年10月には、世界体操・世界新体操の応援企画でテレビ朝日系列局のアナウンサーたちが30秒でフラフープを何回まわせるかという競技に挑戦して63回だった。

 

・アナウンサーを目指したきっかけは、災害が激甚化する状況を見て「自分にも何かできるのではないか」と思い、大学在学中に気象予報士(2019年3月)・防災士の資格を取得。「皆さんの心に届く伝え手になりたいと思いました」という。

 

・大学時代には、テレビ朝日のアナウンススクール『テレビ朝日アスク』を受講。

 

 

・小学生生から大学生まで陸上競技をしており競技歴は12年。中学生時代には、全国大会で10位の成績。高校時代は女子七種、大学時代には走高跳やハードルで大会に出場していた。

 

・好きな食べ物は、お味噌汁、おでん、卵ごはん。

 

・休日は大好きなマンガを読んでいる。特にスポーツ系の漫画が好き。

 

赤木由布子アナウンサーまとめ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】KSBアナウンサー(@ksb_announcer)がシェアした投稿

・大学在学中に気象予報士・防災士の資格を取得。

・小学生生から大学生まで陸上競技をしていた。

・ネットでかわいいと話題に。

今後も赤木由布子アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

『KSBアナウンサー紹介:赤木由布子』

関連記事
地方局(ローカル)に勤務する女性アナウンサー・キャスター名鑑【一覧】
地方の放送局に勤務する女性アナウンサー名鑑【一覧】です。(NHK以外) 民放キー局以外にも魅力的な女性アナウンサー達がたくさんいます。 随時更新していきますが、移籍情報が古い場合もありますのでご了承下さい。

テキストのコピーはできません。