.

徳住有香アナの経歴や結婚した旦那について【NHK美人アナ】

この記事は約 4 分で読むことができます。

2017年12月26日

2016-03-24_114338

今回は、圭三プロダクションに所属する徳住有香(とくずみ ゆか)アナウンサーについての情報をリサーチして行きます。

 

徳住有香アナは、NHKBS1の朝の国際情報番組『キャッチ!世界の視点』のサブキャスターを務めていました。

 

徳住有香プロフィール
愛称 徳さん
出身地 熊本県熊本市
生年月日 1977年10月10日(40歳)
身長やサイズ 160㎝/上下:7号/靴:23.5cm
血液型 O型
最終学歴 東京女子大学現代文化学部卒
所属事務所 圭三プロダクション
職歴 鹿児島読売テレビ(2000年~2007年9月)
ジャンル 情報・報道番組
推定カップ D
趣味

愛犬との散歩、寺社巡り、パン屋巡り、読書

特技

着付け、フラダンス、タヒチアンダンス、テニス

好きな食べ物

焼肉、しゃぶしゃぶ、チョコレート、ポテトチップ

嫌いな食べ物

セロリ

資格

茶道裏千家講師、博物館学芸員、普通自動車運転免許

出演番組

・NHK BS1『キャッチ!世界の視点』隔週(~2016年3月)

徳住有香アナの経歴

 

徳住有香アナウンサーの経歴は、熊本県熊本市出身、東京女子大学現代文化学部卒業後、2000年4月、日本テレビ系列局である鹿児島読売テレビ(KYT)に入社しています。

 

家族には妹がいます。大学時代の4年間は寮生活を送ったといいます。

 

鹿児島読売テレビ入社後は、夕方のローカルニュース番組『KYTニュースプラス1』、その後継番組である『KYT Newsリアルタイム』など、主に報道番組を担当していました。

 

アニメ『名探偵コナン』「薩摩に酔う小五郎」に本人役で出演しています。2002年には、NNN24のベストリポーター賞を受賞しており、鹿児島県地上デジタル推進大使も務めていました。

 

フリーアナウンサーへ転向

徳住アナは、2007年9月付けで鹿児島読売テレビ(KYT)を退職して、その後、圭三プロダクションに所属するフリーアナウンサーへ転向しています。

 

フリー転身後は、2008年4月7日からは、NHK-BS1の朝の国際報道番組『おはよう世界』→『ワールドWaveモーニング』→『キャッチ!世界の視点』のサブキャスター(隔週)を長年担当していました。また、2013年よりテレビ東京『TOKYOホット情報(東京都議会情報)』、『都議会特番』にリポーターとしても出演しています。

 

2014年7月より、NHK-BS1『ワールドWaveトゥナイト』、『国際報道2014、2015 』の黒木奈々アナ(当時・セント・フォース)が休養時の代理キャスターを『キャッチ!世界の視点』を担当しない週に務めていました。

 

この出演をきっかけにネット上では、「こんな美形がいたのか」、「黒木奈々に匹敵する美しさ いや黒木奈々以上かもしれん」「ハイビジョンのアップに耐えられる肌のきれいさ」、「女神すぎる」などと絶賛され人気急上昇しています。

 

徳住有香アナの結婚した夫について

 

徳住アナについてのプライベートな情報は少ないのですが、鹿児島時代に同局の先輩アナである長島崇彦アナと結婚しています。(現・日本テレビ報道局記者)

 

長島崇彦元アナの経歴は、1971年2月1日生まれ、静岡県駿東郡長泉町出身、明治大学を卒業後、1994年に鹿児島読売テレビ(KYT)開局とともに入社しています。

 

開局初日から『ズームイン!!朝!』のKYT初代キャスターを務めたのち、2005年9月まで『KYTニュースプラス1』のメインキャスターを8年半務めており、この当時には、徳住アナと共演しています。

 

2007年4月30日にKYTを退社し、日本テレビに報道局記者?として勤務しているようです。また、子供はおそらくまだいないと思われます。

 

徳住有香アナまとめ

・元鹿児島読売テレビ(KYT)アナウンサー

・美人アナとして注目されている

・子供はまだいないと思われる

今後も徳住有香アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

「yuka’s everyday」

関連記事
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
  日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する。公式略称は(nippon housou kyoukai、nihon housou kyoukai)から「NHK(エヌエイチケイ)」と呼称・記されています。   NHKのアナウンサーは正職員はアナウンサー、非正職員は契約キャスターと分類されています。 NHKオフィシャルサイト 公式サイト:NHKアナウンスルーム   NHKの女性アナウンサー (退職者も含む)(情報が古い場合があります)   関連記事 https://joseiana.com/archives/2355   1975年入局 ・桜井洋子 元エグゼクティブアナウンサー(局長級)。現在は嘱託職。入局以来東京アナウンス室   1977年入局 ・山田敦子 エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学文学部卒業(入局以来東京アナウンス室、NHK日本語センター)   1981年入局 ・杉浦圭子 チーフアナウンサー(東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→広島→大阪)   1982年入局 ・渡邊あゆみ エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学教養学部卒業(東京アナウンス室→日本語センター出向→横浜→東京アナウンス室)   1984年入局 ・森田美由紀 エグゼクティブアナウンサー(局次長級)。(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室→日本語センター出向→東京アナウンス室)   1986年入局 ・上田早苗(大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室)   1987年入局 ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台)アナウンス担当副部長   1988年入局
女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
  フリーランスとして活動している女性アナウンサー、キャスター名鑑です。   セント・フォースや三桂などのアナウンサーに特化した事務所に所属する場合が多いですが、最近では、ホリプロなどの大手芸能プロダクションに所属する場合も多いです。   今後も随時更新していきます。(リポーターやお天気キャスターとして出演していた者も記述)   女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】 セント・フォース、フォニックス所属の女性アナウンサーはこちらから https://joseiana.com/cent-force https://joseiana.com/phonics 事務所移籍など情報が古い場合もあります。   NHK契約キャスター(過去も含む) ・国谷裕子(元クローズアップ現代司会) ・遠藤育美(シブ5時) ・駒村多恵「あさイチ」(三桂) ・久田直子「きょうの健康」 ・岩渕梢「くらし☆解説」(ライムライト) ・小林恵子(ライムライト) ・村上文香(NHK大津、元NMB48メンバー)   『ひるまえほっと』首都圏放送(2017年4月7日現在) ・安部香央里 ・高橋温美 ・勝田真季 ・小村弥生 ・島 紗理 ・清水明花 ・竹澤知位子 ・西村美月 ・本庄美奈子 ・松尾衣里子 ・宮澤結花 ・八木菜月 卒業 ・菊池真帆 ・高松祥子 ・中嶋 梓 ・角宮英里 ・田中里香 ・藤田悦子 ・井上朋子 ・菅野真美恵   NHKBS1『BSニュース』 ・長谷川静香(2017年4月1日~) ・竹村優香(2017年2月1日~) ・山住悠(2016年3月29日~) ・高嶋未希(2016年3月30日~) ・杉本麻紀(2014年4月1日~) ・上代真希(2012年4月3日~) ・實石あづさ (2013年4月~2016年8月23日、2017年復帰) 卒業 ・白石理央(2016年8月24日~2017年3月) ・工藤紋子(2013年4月1日~2017年3月31日) ・井上真帆 (2014年1月13日~2017年1月29日) ・滝本沙奈(2014年4月2日 ~2016年3月18日) ・堤真由美(2011年5月~2016年3月29日)   NHK大阪 ・塩見泰子 芸能プロダクション所属 オールウェーブ・アソシエツ
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す