.

丹野麻衣子アナは結婚してる?NHKBS『キャッチ!世界のトップニュース』出演

この記事は約 4 分で読むことができます。

2017年3月23日

2016-04-30_102608

今回は、キャストプラスに所属する丹野麻衣子(たんの まいこ)アナウンサーについての情報をリサーチして行きます。

 

丹野麻衣子アナは、福島放送、北海道文化放送を経て現在はフリーアナウンサーとして活動しています。

 

 

 

 

丹野麻衣子プロフィール
出身地 宮城県
生年月日 1982年8月21日(34歳)
身長 162㎝
血液型 A型
最終学歴 宮城教育大学卒
所属事務所 キャストプラス
ジャンル 情報・報道・スポーツ番組
推定カップ Dカップ
趣味

ドライブ、手紙を書くこと、写真を撮ること

特技

作曲、ダンス

資格

小学校教諭1級、中学校教諭2級免許、ファイナンシャルプランニング技能士2級

同期

福島放送時代

・猪俣理恵

北海道文化放送時代

・栗山麗美

・中野涼子

出演番組

・NHK BS1『キャッチ!世界のトップニュース』(隔週月~土7:00~7:50)

丹野麻衣子アナの経歴

 

丹野麻衣子アナの経歴は、山形県で生まれ、青森県弘前市を経て宮城県仙台市で育ち、宮城県第一女子高等学校を経て宮城教育大学を卒業後、2006年4月にテレビ朝日系列局である福島放送(KFB)に契約アナウンサーとして入社しています。

 

大学時代には、『2005せんだい杜の都親善大使』に選出され、”仙台の顔”として1年間PR活動をしており、プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの主催試合で花束贈呈の仕事などを務めた経験があります。

 

福島放送に入社後は、女子サッカー・なでしこリーグの『TEPCOマリーゼ』の応援番組『熱烈応援マリーゼくらぶ』、『ふくしまスーパーJチャンネル』のキャスターなどを担当。また、全国ネット『朝だ!生です旅サラダ』にリポータとして出演したこともあります。

 

2009年4月には、同局の記者職に異動となり活動。約1年後の2010年3月に同局を退社しています。

 

2010年4月には、フジテレビ系列局である北海道文化放送(UHB)にアナウンサーとして入社しています。

 

フリーアナウンサーへ

2016-04-30_103536

 

入社後は、定時ニュースの他、フジテレビ系列各局で放送されている紀行番組『わがまま!気まま!旅気分』や視聴者参加型の情報番組『のりゆきのトークDE北海道』の水曜日のお天気コーナー、情報バラエティ番組『さあ!トークだよ』のレポーターなどを担当しています。

 

2013年4月13日より、バラエティ番組『どぉーだ!Presents タカトシ牧場』に1年間、秘書(アシスタント)として出演しています。

 

2014年3月からは、情報番組『U型ライブEXPRESS』の他、ニュースワイド番組『Super NEWS U』のフィールドキャスターを担当していました。

 

2015年12月末で北海道文化放送を退社し、キャストプラスに所属するフリーアナウンサーに転向しています。

 

2016年4月よりNHK-BS1で放送されている朝の国際情報番組『キャッチ!世界のトップニュース』のサブキャスターを務めています。

 

また、北海道時代の2012年~2013年頃から番組で左手薬指に指輪を嵌めており、公な情報はないですが丹野アナは既婚者のようです。

 

丹野麻衣子アナまとめ

・大学時代『2005せんだい杜の都親善大使』を務めた

・元福島放送契約アナウンサー

・元北海道文化放送アナウンサー

今後も丹野麻衣子アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式サイト

『丹野麻衣子のプロフィール』

関連記事
女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
  フリーランスとして活動している女性アナウンサー、キャスター名鑑です。   セント・フォ…
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
NHKは、日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadca…
 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す