.

【NHK】庭木櫻子アナのwikiや出身大学などについて

この記事は約 4 分で読むことができます。

2017年10月13日

2015-06-07_223000

今回は、NHKに所属する庭木櫻子(にわき さくらこ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

庭木櫻子アナは、入局3年目の若手アナウンサーで今後の活躍が期待されています。

 

 

 

 

庭木櫻子プロフィール
出身地 熊本県
生年月日 1992年8月?日(25歳?)
身長 ?㎝
血液型 ?型
最終学歴 熊本大学法学部法学科卒業
勤務局 NHK
勤務地 NHK徳島放送局
活動期間 2015年〜
推定年収
推定カップ Cカップ
特技

日本舞踊、箏の演奏、水泳・サイクリング

好きな食べ物

アイスクリーム、チョコレート

趣味

ドラマ、音楽鑑賞

リフレッシュ術

睡眠、入浴

モットー

一期一会

同期

橋詰彩季(山形)

森下絵理香(大分)

副島萌生(福井→名古屋)

出演番組

ニュース、中継など

庭木櫻子アナの経歴

 

庭木櫻子アナウンサーの経歴は、熊本県熊本市出身、熊本大学教育学部附属中学校、熊本県立第一高等学校を経て、熊本大学法学部法学科を卒業後、2015年4月にアナウンサーとしてNHKに入局しています。

 

「庭木」姓は佐賀に多い苗字で、祖父母は佐賀県多久市在住だといいます。出身小学校は花園だといいます。

 

中学1年時に、平成17年度「省エネコンクール」入賞作品第9回省エネ実践コンクール(小学生以上一般対象)個人の部奨励賞を受賞。中学2年時に、国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2006年度優秀作品中学生の部青年海外協力協会会長賞を受賞同年には、国税庁が後援する平成19年度中学生の「税についての作文」にて全国納税貯蓄組合連合会優秀賞を受賞しています。

 

大学では法律を勉強し、地元のラジオ局の学生スタッフとして活動していました。また、『平成26年度(第35期)宝くじ幸運の女神』に応募総数1029名の中から選出され、1年間全国各地を訪問しPR活動をしています。2014年8月5日にNHKホールで開催された「サマージャンボ(第663回全国自治宝くじ)」の抽選会では、壇上アシスタントを務めています。

 

初任地は徳島放送局

 

初任地はNHK徳島放送局。『とくしまニュース845』などのニュース番組にリポーターとして出演しています。

 

2015年6月7日放送のNHK総合『NHKとっておきサンデー』にて新人アナウンサーの初お披露目があり、同期の橋詰彩季、 森下絵梨香、副島萌生らと共に全国放送に初出演を果たしています。

 

同年11月23日には、全国放送の『着信御礼!ケータイ大喜利』に出演しています。同番組には2016年11月5日放送回にも出演。自己紹介で「好きな将棋の駒は銀です!」と挨拶をしています。

 

好きな理由については、同番組のブログにて「銀は、左右と真後ろ以外の場所に1マス動かすことができます。前進か後退のどちらかしかできません。守りの「矢倉囲い」や攻めの「棒銀」という戦法にも登場するように、攻守ともに強いミッドフィルダーのような駒だと思っています。少しずつしか動きませんが、じわじわといい仕事をしているんです。そんな、一見地味だけどいい動きをする銀の“渋さ”が好きなのです!」と綴っています。

参考:平成28年11月5日放送 庭木櫻子アナウンサー

 

庭木櫻子アナまとめ

 

・中学時代には様々な賞を受賞している

・『平成26年度(第35期)宝くじ幸運の女神』

今後も庭木櫻子アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

『NHK徳島放送局アナ場cafe:庭木 櫻子』

関連記事
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
NHKは、日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadca…
【NHK】女性アナウンサーの異動や主な番組の降板や担当変更
  NHKに在籍する女性アナウンサーの人事異動や主な番組の降板や担当変更をお知らせしています。 &n…
 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す