.

川添佳穂アナが可愛いくてムチムチで性格も良い!【朝日放送】

この記事は約 5 分で読むことができます。

2017年4月28日

2015-05-05_095915

今回は、朝日放送(ABC)に所属する川添佳穂(かわぞえ かほ)アナウンサーについての情報をリサーチして行きます。

 

川添アナは、入社4年目の若手女性アナウンサーですが、明るく元気な前向きな性格とアイドルのような可愛さとムチムチボディで視聴者から絶賛されています。

 

 

 

 

川添佳穂プロフィール
愛称 かほぴ、佳穂まる
出身地 鹿児島県鹿児島市
生年月日 1990年12月8日(26歳)
身長 ?
血液型 A型
最終学歴 明治大学情報コミュニケーション学科
勤務局 朝日放送(ABC)
推定年収 ?
推定カップ Dカップ
趣味

スポーツ、プロレス、お菓子作り、裁縫、手芸

特技

切り替えの早さ、犬とすぐに仲良くなることができる、運動

資格

DJライセンス2級

モットー

念ずれば花開く

同期

ヒロド 歩美

出演番組(過去含む)

テレビ

・『おはよう朝日です』

・『キャスト』

ラジオ

・『道上洋三の健康道場』

川添佳穂アナの経歴

川添佳穂アナウンサーの経歴は、鹿児島県鹿児島市出身、鹿児島県立鶴丸高等学校卒、明治大学情報コミュニケーション学科を卒業後、2014年朝日放送(ABC)にアナウンサーとして入社しています。

 

アナウンサーになったきっかけは、3歳のときに父親が、話すことが好きだった川添アナに「将来はアナウンサーになるか!」と言った一言だといいます。

 

大学時代には、2011年度の『明治ガールズコレクション』のグランプリに輝いています。

 

日本テレビのプロレス実況で有名な若林健治アナが主催する『若林健治アナウンススクール』に通いアナウンス技術を学んでいます。また、フジテレビのアナウンススクール『アナトレ』を受講し、2012年2月から半年間『BSフジニュース』に学生キャスターとして出演していました。この時の同期には、保里小百合(NHK)がいます。

 

朝日放送(ABC)に入社

 

入社後は、『速報!甲子園への道』のMCに同期のヒロド歩美アナと起用され、テレビ朝日の森葉子アナとともに地方大会の模様を紹介しました。

また、第96回全国高等学校野球選手権大会におけるABCの中継ではアルプススタンドリポーターを努めました。

 

 

朝日放送公式サイトでは、ヒロド歩美アナとブログ「ひよこ日記」を書いていて、その中で『Hiyoko the Movie』というYouTube動画で「1ヶ月でPV10万回を目指せ」という企画をしていました。

 

性格は、自身のプロフィール欄には『楽観的 素直 笑い上戸』と記載されていますので、とても明るい性格なのでしょう。

 

 

また、尊敬する・憧れている人物に元朝日放送(ABC)で現在はフリーとして活躍している赤江珠緒アナの名前を挙げていて、YouTube動画で共演を果たしています。

 

2016年10月3日より、先輩の喜多ゆかりが第1子出産の準備に入る為、『おはよう朝日です』のサブキャスターを引き継いでいます。また、川添アナは、プロレスが好きでファン歴6年の”プ女子”を自称し、その為、学生時代には若林健治アナウンススクールを受講したのかもしれません。

 

また、今のところ川添アナに彼氏や結婚の噂などはないようです。趣味はお菓子作り、裁縫、手芸とあり家庭的な面もあるので結婚したらきっといい奥さんになることでしょう。

 

川添佳穂アナまとめ

・明治ガールズコレクションのグランプリ

・可愛いくてムチムチで性格も良さそう

・彼氏や結婚の情報はない

川添アナは、憧れの人物に赤江アナを挙げているので将来的にはフリーアナウンサーとして活動していくかもしれません。

 

今後も愛されキャラで頑張っていただきたいものです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事
朝日放送(ABC)女性アナウンサー名鑑【一覧】
朝日放送株式会社は、近畿広域圏を放送対象地域とする特定地上基幹放送事業者。略称はABC。 中波放送とテレビジョ…
 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す