.

【NHK】山田敦子アナは定年までに地域異動経験がなかった

この記事は約 4 分で読むことができます。

2016年11月3日

2015-04-02_070526

 

今回は、NHK所属の山田敦子(やまだ あつこ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

山田アナは、現在は日本語センターに所属していてエグゼグティブアナウンサーとして活動しています。

 

 

スポンサーリンク

山田敦子プロフィール
出身地 東京都
生年月日 1955年2月2日(61歳)
身長
血液型
最終学歴 東京大学文学部卒業
勤務局 NHK日本語センター
活動期間 1977年~
推定年収
推定カップ
好きな食べ物

桃、マンゴー、みかん、スイカ

趣味、特技

活字中毒・探し物

リフレッシュ術

豪快に料理、夜の散歩、ヨガ

モットー

“汝の足元を深く掘れそこに泉あり
Tomorrow Is Another Day”

担当番組

・「小さな旅」 旅人

・「とっておきテレビ」

山田敦子アナの経歴

【アナ24時】515 小さな旅 山田敦子アナ(V) #nhkgtv pic.twitter.com/HYhmanOFKe

— TVウオッチャー(Danny★鷹) (@TVwatcher13ch) 2014, 8月 29

山田アナの経歴は、出身地は東京都で雙葉学園を経て東京大学文学部独文学科卒業後の1977年にNHKへ入局しています。

 

在学中には、独文学科を専攻していて大学院進学も検討したと言います。

 

その為、もしアナウンサーになっていなかったらドイツ語の通訳になりたかったようです。(今はほとんど喋れない)

 

山田アナの新人時代は、まだ『女にはニュースを読ませられない』といった風潮があり女性アナウンサーに風当たりが強く、とても厳しい時代だったといいます。

 

彼女の専門分野は 選挙・国会報道 皇室報道などでした。

 

2008年に山根基世(元NHKアナ)室長に続く女性2人目のアナウンス室長に就任しています。

 

スポンサーリンク

山田アナは結婚していて3人の子供がいる

【アナ24時】515 小さな旅 山田敦子 #nhk pic.twitter.com/16AOvTrQJC

— TVウオッチャー(Danny★鷹) (@TVwatcher13ch) 2014, 3月 21

山田アナは現在3人の子育てをしながら仕事を続けていて公式サイトの『わたしがちょっぴり自慢したいこと』の項目では『子供3人に延べ15年間、ほぼ毎日、本の読み聞かせをしました』と話しています。

 

2011年にはAKB48と、NHKラジオ「カケダセ!」で1年間共演しています。

 

2011年11月24日に放送された「お元気ですか日本列島」での「気になることば」コーナーでは、

 

「携帯メールでハングル絵文字の交換が若者にはやっている」

 

と紹介したことに対し「聞いたことがない」とネット上で疑問の声が生じてしまい物議を醸しだしました。

 

 

2013年からは紀行番組である『小さな旅』に出演しています。

 

現在は日本語センターに所属して講師やラジオ番組などを担当することも多いといいます。

 

また、山田アナは桜井洋子アナと共に、NHKに入局してから地域異動経験がない事でも話題に登るようです。

 

調べてみたところ、山田アナが入社した当時は今みたいに新人=地方勤務というNHKの局員なら当然のようなシステムが、まだ確立されていなかったようです。

 

山田敦子アナのまとめ

NHKの(NHK日本語センターに現在属する)山田敦子アナウンサー。 この方のアナウンス、ナレーションは女性の現役アナウンサーで最高峰なんじゃないかな。

— nishi amane (@amanenishi) 2015, 3月 27

・東大卒の才女

・結婚していて3人の子供がいる

・エグゼグティブアナウンサー(局次長級)

山田アナは1977年入局という事で今年38年目の大ベテランでそろそろ?定年退職を迎えることとなります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 
スポンサーリンク

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す