.

【NHK】柘植恵水アナウンサーの結婚した夫の職業や子供は?

この記事は約 4 分で読むことができます。

2017年2月18日

2015-03-28_065252

今回は、NHK所属の柘植恵水(つげ えみ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

現在、柘植アナは東京アナウンス室で勤務しており、2017年4月よりNHKFMラジオの新番組『グッチ裕三の日曜ヒルは話半分』を担当することが発表されています。

 

 

 

 

柘植恵水プロフィール
愛称 つげーみ
出身地 愛知県みよし市
生年月日 1971年6月13日(46歳)
身長  ?㎝
血液型  ?型
最終学歴 南山大学卒業
勤務局 東京アナウンス室
職歴 福井→東京アナウンス室→名古屋→
東京アナウンス室→名古屋→東京アナウンス室
活動期間 1995年~
家族 夫と子供2人
推定年収  ? 
推定カップ  E~F
好きな食べ物

自分で焼いた焼きたてのパン自分で作った採れたて野菜

趣味、特技

野菜作り(区民農園で野菜を育てています)パン,お菓子、味噌、漬け物・・・何でも手作りすること

リフレッシュ術

ママ友・パパ友近所の商店街の人とのおしゃべり息子と将棋

モットー

行く言葉が美しければ、来る言葉も美しい

同期

青山祐子(長野→東京アナウンス室)

長尾香里(NHK国際部記者)

担当番組(過去含む)

・NHKFMラジオ『グッチ裕三の日曜ヒルは話半分』(2017年4月~)

・Eテレ『きょうの料理』

・Eテレ『趣味の園芸』

・『ウイークエンド中部』

柘植恵水アナの経歴

柘植アナの経歴は、愛知県みよし市出身で、名古屋市立菊里高等学校卒、愛知県名古屋市に所在する南山大学を卒業後の1995年にNHKへ入局しています。

 

愛知県みよし市出身の女性アナウンサーは他に竹内香苗長野美郷さんなどがいます。

 

大学ではチアリーディング部に所属していて、全国大会出場経験があります。

 

NHKの同期には青山祐子、長尾香里、寺澤敏行アナがいます。

 

寺澤アナとTBSテレビプロデューサーの今井夏木は、高校時代の同級生だといいます。

 

NHKへ入局

初任地の福井局を経て、東京アナウンス室へ異動となり音楽番組『ポップジャム』(1998年4月~2000年3月)の4代目司会者に起用されていました。

 

2002年に名古屋局に異動となり『おはよう東海』に出演します。詳細は明らかにされていませんが、この当時に柘植アナは報道カメラマンの男性と結婚しています。

 

2003年4月から起用された『ほっとイブニング』の9月に担当途中で妊娠が判明して途中降板し産休に入っています。2005年に復職。『生活ほっとモーニング』などに出演していました。

 

2007年に再び東京アナウンス室勤務になり『きょうの料理プラス』『趣味の園芸プラス』などを担当します。

 

そして、2010年に第二子出産のため産休育児休職に入ります。その後、復職して、2014年に再び名古屋局へ異動。NHK名古屋放送局制作の地域情報番組である『ウイークエンド中部』にメーンキャスターとして出演しています。

 

2016年春、東京アナウンスに異動し、Eテレ『きょうの料理』、『趣味の園芸』などの番組を担当しています。

 

2017年4月よりNHKFMラジオの新番組『グッチ裕三の日曜ヒルは話半分』を担当することが発表されています。

 

柘植恵水アナまとめ

・チアリーディング全国大会出場

・現在2人の子供がいる

・巨乳の持ち主としても有名

現在2人の子供を育児しながら活躍している柘植アナの今後の活躍にも期待です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式サイト

『NHK アナウンスルーム:柘植恵水』

関連記事
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
NHKは、日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadca…
【NHK】女性アナウンサーの異動や主な番組の降板や担当変更
  こんばんは、アナ太郎です。   NHKに在籍する女性アナウンサーの異動や主な番組の降板…
 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す