.

【フジテレビ】武田祐子アナウンサーの夫や結婚について

この記事は約 5 分で読むことができます。

2016年11月11日

2015-02-26_154525

 

今回は、フジテレビ所属の武田祐子(たけだ ゆうこ)アナウンサーの夫や結婚についてなどの情報をリサーチしていきます。

 

武田アナは、『ゲームセンターCX』、『ライオンのごきげんよう』などの番組でナレーションを務めるベテランアナウンサーです。

 

 

スポンサーリンク

武田祐子プロフィール
本名 清水 祐子
出身地 山形県山形市
生年月日 1970年5月29日(46歳)
身長  163cm 
血液型 AB型
最終学歴 山形大学理学部生物学科
勤務局 フジテレビジョン
部署 編成局アナウンス部
活動期間 1994年~
ジャンル 情報・報道
配偶者 あり
家族 2011年11月9日、男児出産。
推定年収 1800万円
推定カップ
趣味

旅行、都心散策

好きなもの

美味しいもの

苦手なもの

花粉

資格

新体操審判員

同期

木佐彩子(現在はフリー、夫は元プロ野球選手・石井一久)

富永美樹(現在はフリー、夫はシャ乱Qのまこと)

担当番組(過去含む)

・BSフジニュース(金)

・CSゲームセンターCX ナレーション

・ライオンのごきげんよう 解説放送

武田祐子アナの経歴

 

武田アナの経歴は、出身地は山形県山形市出身、

山形大学附属幼稚園卒業、

山形大学附属小学校卒業、

山形大学附属中学校卒業、

山形県立山形西高等学校卒業、

山形大学理学部生物学科を卒業後、1994年にフジテレビに入社しています。

 

芸人の”テツandトモ”のトモ(石澤智幸)とは幼稚園から中学校までの期間は同級生でした。

 

また、現在も山形県出身の芸能人の集まりである”山形会”で交流があるようです。

 

タレント・佐藤唯さんの公式ブログ
http://ameblo.jp/yui-sato/entry-11751823940.html

 

また、演出家、劇作家、俳優の後藤ひろひとは、小学校、中学校の先輩にあたるといいます。

 

高校時代には、新体操の選手として活躍していて、新体操審判員の資格も取得しています。

 

フジテレビ入社後の活動

 

武田アナは、入社以来、主に情報、報道番組を担当する機会が多く、バラエティ番組の出演は、ほとんどありませんでした。

 

2004年には、映画『スウィングガールズ』にてTVアナウンサー役で出演しています。

 

『スウィングガールズ』は、武田アナの地元である山形県山形市が舞台であり、台本に対する方言の指導も行っていましたが、訛りが強すぎる等の理由で米沢弁への変更が決定し、方言指導も別の人が行う事とになりました。

 

また、同年公開の映画「解夏」のDVDでは、視覚障害者の為のナレーションを担当しています。

 

2007年10月からは、『ハピふる』番組内の水曜日のコーナー「コレって私だけ」のレポーターを担当していました。

 

また、漫画家のやくみつるが武田アナの大ファンで、4コマ漫画にも「おタケさん」というキャラクターで何度か登場しています。

 

武田アナは、手相占いを得意としていおりバラエティ番組「アナ★バン!」で披露した事があり、“お台場の母”と呼ばれていました。

 

スポンサーリンク

武田祐子アナの結婚した旦那さんについて

 

武田アナは2002年2月に、同僚で一期下の後輩であるフジテレビディレクター・清水泰貴氏と結婚しています。

 

夫の清水氏は、当時『笑っていいとも!』や『サタ★スマ』などの番組を担当する編成制作局制作センターに所属しており、身長177cmのガッシリした体格で、高校時代は野球部、大学時代にはアメリカンフットボールに熱中していたスポーツマンタイプの男性です。

 

2人は、番組を通じ、知り合い程度の付き合いでしたが、ある日、武田アナが帰宅しようとエレベーターに乗ったところ、清水氏と偶然一緒になり、そのまま食事に行ったといいます。

 

そこで、すっかり意気投合する事となり、武田アナ曰く「な~んとなく」交際が始まったといいます。

 

武田アナの妊娠出産などについて

 

武田アナは、2011年3月11日に、結婚10年目での待望の第一子の妊娠が判明したことを報告して、同年10月から産前産後休暇に入っています。

 

当時、司会を務めていた『新・週刊フジテレビ批評』は、西山喜久恵アナに交代し、さらに、ナレーションを務めていた『もしもツアーズ』では、10月1日放送分よりタレントの柳原可奈子へ交代しています。

 

そして、同年11月9日夕方、都内の病院で第1子となる男児(3726g)を出産しています。

 

武田アナは当時41歳での高齢出産でした。

「高齢出産になるので、正直、心配でした。でも、結婚10年目でやっと授かり、無事に生まれてきたので“ありがとう”の気持ちでいっぱいです。主人と同じ誕生日となりました。運命的なものを感じます」

と、喜びと感謝の気持ちをコメントしています。

 

その後、2013年4月に職場復帰を果たし、4月1日から9月27日まで放送されていた全国ネットの情報番組『アゲるテレビ』では、番組キャラクターである「アゲるん」の声を担当していました。

 

また、武田アナの甥の武田誠司が、2001年にADとしてフジテレビに入社しており現在は夫の部下として働いているようです。

 

そして、現在もフジテレビのアナウンス室主任として、ナレーションや後輩の指導、デスクワークなど裏方的な仕事をメインとして活躍しています。

 

武田祐子アナまとめ

・地方大学の理学部出身

・1歳年下の同僚と結婚

・子供は男の子が1人

武田アナは、今は表舞台からは引いていて、ナレーションや後輩の指導が、メインということで今後も素晴らしいアナウンサーを育てて欲しいものです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

『アナマガ』

関連記事

【フジテレビ】女性アナウンサー名鑑【一覧】

 
スポンサーリンク

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す