.

【フジテレビ】生野陽子アナと中村光宏アナが結婚披露宴

この記事は約 5 分で読むことができます。

2017年5月24日

2015年9月に結婚したフジテレビ生野陽子中村光宏が2月8日、東京・永田町の日枝神社で近親者のみの挙式を執り行った。

 

同日正午からは、東京・赤坂にある一流ホテル『ザ・リッツ・カールトン東京』にて披露宴を開き、出席者が豪華ということで話題になっている。

 

中村光宏プロフィール
愛称 みつ、みっちゃん
出身地 東京都品川区
生年月日 1984年8月28日(33歳)
身長 170㎝
血液型 B型
最終学歴 慶應義塾大学法学部政治学科
勤務局 フジテレビジョン
部署 編成制作局アナウンス室
活動期間 2007年~
ジャンル 報道・情報・バラエティ・スポーツ
配偶者 生野陽子

中村光宏アナの経歴は、東京都品川区出身、慶應義塾幼稚舎、慶應義塾普通部、慶應義塾高等学校を経て、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、2007年にフジテレビにアナウンサーとして入社。

 

小学校ではバレーボール部とサッカークラブに所属。中学校では野球部、高校ではラグビー部に所属。他にも器械体操・水泳・スキー・乗馬・ボーイスカウトなども経験。入社後は、情報、バラエティ、スポーツ番組などで幅広く活躍。2017年5月現在は平日夜の報道番組『ユアタイム』を担当。

 

生野陽子と中村光宏の結婚披露宴

関係者によると、2人は打掛と紋付袴という和装のまま神社からホテルに到着し、約200人の祝福を受けた。その後、お色直しで純白のウエディングドレス姿とタキシード姿を披露した。生野アナの髪形などは新郎の好みに合わせたという場内紹介があった。招待客は豪華そのもの。乾杯の発声は「笑っていいとも!」で共演したタレント、タモリ(69)が務め、亀山千広社長(58)が婚姻届の保証人となったことを明かして盛り上げた。

 

圧巻はシンガー・ソングライター、小田和正(67)によるピアノの弾き語り。夫妻が結婚する昨年9月まで一緒だった「めざましテレビ」の歴代出演者が集結し、08年の番組テーマソング「今日もどこかで」を同僚の三宅正治アナ(52)、加藤綾子アナ(29)、フリーになった高島彩(35)や夫の勤務先、シンガポールから帰国した中野美奈子(35)、皆藤愛子(31)らが大合唱。急性リンパ性白血病のため療養中の大塚範一キャスター(66)も駆けつけた。さらに、約30年にわたり不仲説がささやかれていたタモリと小田が新郎新婦の幸せオーラによって“雪解け”し、がっちり握手。会場は万雷の拍手に包まれたという。

 

主な出席者
タモリ、小田和正、小倉智昭、安藤優子、大塚範一、有吉弘行、高島彩、中野美奈子、松尾翠、皆藤愛子、三宅正治、笠井信輔、軽部真一、加藤綾子、山崎夕貴、宮澤智、永島優美、大島由香里、亀山千広

 

引用元:http://www.sanspo.com/geino/news/20150209/mar15020905050003-n2.html

このように芸能関係者やフジテレビ社員関係者が集まった、とても豪華な披露宴・出席者だったようです。

 

2012年3月まで「めざましテレビ」で長年共演していた大塚範一、中村アナの元彼女と言われ、生野アナとは不仲と囁かれている加藤綾子も披露宴に出席した。

 

週刊誌などでもやはりこの件は話題になっていて、出席するのかどうかに注目が集まっていたようだ。

 

しかし、多くの同僚を招待していた中で、得に長年共演してきた加藤アナだけ出席しないのはどう考えてもおかしな話で、これは妄想だが、招待する方もされた方も複雑な心境で今回の披露宴では、2人共、感極まったのではないだろうか。2人は長年一緒に仕事をしてきた仲で思い出もたくさんあるだろう。

祝福ムード一色に包まれた会場だが、実は開始前、多くの参加者はある一点において、ソワソワしていた。中村アナの元カノで、生野アナの1年後輩にあたるカトパンこと加藤綾子アナ(29才)は出席するのか--。だが、結論からいえば、カトパンは堂々とやってきた。鮮やかなブルーのコート姿で式場に現れた彼女は、同僚やOGたちを見かけると笑顔でその輪に加わった。

 

「披露宴では、小田和正さん(67才)が『めざまし』の主題歌『今日も どこかで』を生披露したんですが、歴代『めざまし』キャスターと一緒に、カトパンも嬉しそうに歌っていましたよ。ショーパンから両親への花束贈呈の際なんか、感極まって涙を流す彼女を見て、カトパンももらい泣きしていました」(前出・参加者の1人)確執など何もないようなカトパンの自然な振る舞いに、参加者はホッと胸をなでおろしたという。

 

※女性セブン2015年2月26日号

 

引用元:元カレと生野陽子の挙式に堂々現れた加藤綾子に出席者も安堵

タモリと小田和正の因縁

 

また、話題になっているタモリ小田和正の30年前からの不仲説とは、昔、小田が所属していたオフコースをタモリが批判したことから因縁が生まれたのだという。タモリも元々はミュージシャンで、昔一方的に「フォークソングは暗くて嫌い」などと発言していた。

 

1984年2月、『笑っていいとも』「テレホンショッキング」に小田が出演した際、タモリが「レコードお出しになった?」と訪ねたところ小田は「多分気に入らないと思いますよ」などと答え、気まずい空気の放送になった事を2012年放送の『FNS27時間テレビ笑っていいとも!真夏の超団結特大号!!』にてVTRを紹介している。この「テレホンショッキング」以来、会う事がなかった2人が、今回の披露宴で30年ぶりに再会し”和解が成立”したという訳だ。

 

新婚生活はすれ違いの日々

生野アナと中村アナは、お互い2007年にフジテレビに入社した同期で、長年『めざましテレビ』で共演。互いにアナウンサー職ということもあり理想的な結婚相手だと言える。

 

ただ、生野アナは結婚後、夕方の『スーパーニュース』に移動。朝方の『めざましテレビ』を担当している中村とは、生活のリズムが合わないすれ違いの日々が続いているという。

 

関連記事
生野陽子と旦那の中村光宏との馴れ初めや経歴について
今やフジテレビの看板アナとなった生野陽子(しょうのようこ)アナウンサー。   朝の情報番組『めざまし…
 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す