.

【CBC】小高直子アナの旦那や経歴について

この記事は約 4 分で読むことができます。


今回は、CBCテレビに所属する小高直子(こたか なおこ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

小高直子アナは、CBC女性アナでは最年長のベテランアナウンサーで、アナウンス部課長を務めています。

 

 

スポンサーリンク

小高直子プロフィール
愛称 親方
本名 竹地直子(たけちなおこ)
出身地 奈良県生まれ兵庫県育ち
生年月日 1969年08月16日(47歳)
身長 155㎝
血液型 B型
最終学歴 関西学院大学卒業
勤務局 CBCテレビ
活動期間 1992年~
ジャンル 報道・情報・バラエティ系
推定年収
推定カップ D
趣味

茶道、映画鑑賞、パソコンゲーム、映画・ドラマ観賞、韓国語

特技

へらず口、こども声で甘える

資格

韓国語能力試験2級、ハングル能力検定4級

同期

原元美紀(セント・フォース)

・角田美保(ボイスアルファ所属)

・角上清司

・中西直輝(報道部)

・森合康行

担当番組(過去含む)

ラジオ

・『つボイノリオの聞けば聞くほど』

・『キユーピーラジオクッキング』

・『ちびっこ作文教室』

小高直子アナの経歴

 

小高直子アナウンサーの経歴は、奈良県奈良市出身、10歳時より兵庫県尼崎市で過ごす。兵庫県立尼崎高等学校を経て、関西学院大学を卒業後、1992年4月に名古屋市に所在するTBS系列局である中部日本放送株式会社(現・CBCテレビ)に入社しています。

 

家族構成は父、母、年齢が2つ離れた1971年生まれの弟がいます。

 

大学時代にはミス尼崎に輝いています。また、農業用機械メーカーであるクボタのキャンペーンガールとして活動していた時期があります。

 

 

CBC入社後は、『CBCニュースワイド』などのテレビ番組にリポーターとして出演していましたが、2年目の1993年よりスタートした平日朝のラジオワイド番組『つボイノリオの聞けば聞くほど』にアシスタントとしてレギュラー出演しています。

 

自身初の担当番組である同番組は20年を超える長寿番組となり、その為、ほぼテレビに出演する機会がありませんでした。

 

2013年3月より3か月間、『ゴゴスマ -GO GO!Smile!』内のCBCニュースに出演。20年ぶりのテレビ復帰だったといいます。

 

スポンサーリンク

小高直子アナの結婚相手について

 

1996年11月に同僚である竹地祐治アナウンサー(当時)と結婚しています。

 

竹地氏は、1966年9月26日(50歳)、岐阜県生まれ、愛知県育ち。早稲田大学卒業後、1989年4月にCBCへアナウンサーとして入社。

 

入社後は、『CBCニュースワイド』など、主にニュース番組を担当。若手時代には、東海地区に台風が接近すると、必ずと言っていいほど風が強い港や海岸に行かされリポートを担当。その過酷な取材模様がTBSでも放送され、「台風の竹地」と呼ばれるほど有名だったといいます。

 

また、ラジオで冠番組『おはよう竹地祐治です』を担当しています。

 

後に報道局に異動。現在は経営企画局経営企画部に所属。課長代理を務めています。

 

また、2015年に映画化された外交官・杉原千畝は、大叔父にあたるといいます。(竹地の祖母が杉原千畝の妹)

 

小高直子アナの子供について

 

1998年には、長女、2002年には長男を出産しており一女一男の母親でもあります。

 

出産の際にはそれぞれ半年間の育児休暇を取得。CBCで育児休暇を初めて取った人だったといいます。

 

2016年1月には、検査で複数の病気が見つかり手術のため『聞けば』を休んでいます。(現在は復帰)

 

小高直子アナまとめ

 

・大学時代にはミス尼崎に選出

・1996年に同僚である竹地祐治氏と結婚

・一女一男の母親、アナウンス部課長を務める

今後も小高直子アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

『聞けば聞くほどブログ』

関連記事

CBCテレビの女性アナウンサー

 
スポンサーリンク

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す