.

市來玲奈の卒業理由と噂されるスキャンダルや金スマ卒業の経緯

この記事は約 7 分で読むことができます。

2017年4月23日

今回は、日本テレビ2018年年度の新人アナウンサーとして内定が決まった市來玲奈(いちき れな)についての情報をリサーチしていきます。

 

市来玲奈は、元人気アイドルグループ・乃木坂46のメンバー。現在は早稲田大学4年で2018年4月に同局に入社予定です。

 

 

 

スポンサーリンク

市來玲奈プロフィール
愛称 れなりん
出身地 千葉県
生年月日 1996年1月22日(21歳)
身長/靴のサイズ 154㎝/23.0cm
血液型 A型
最終学歴 早稲田大学
所属事務所 ミライプロダクション
勤務局 日本テレビ(2018年~)
職歴 乃木坂46(2011年8月~2014年7月)
女優・タレント(2014年7月~)
日本テレビアナウンサー(2018年4月~)
ジャンル  
推定年収
推定カップ C
趣味

映画・舞台鑑賞、旅行、エクササイズ

特技

ラテンダンス、モダンダンスなどの社交ダンス10種目

好きな食べ物

焼肉、中華料理、タピオカ。好きなラーメンの味は、豚骨。好きな寿司は、いくら、中トロ。好きなケーキは、タルト。

同期

担当番組(過去含む)

 

市来玲奈の経歴

 

市来玲奈の経歴は、千葉県出身、船橋市立海神中学校、埼玉にある早稲田大学本庄高等学院を経て、早稲田大学文学部に在学中です。

 

兄妹はいない、一人っ子。母親も同じ大学、同じ学部の出身だといいます。幼少期からバレエやヒップホップを習っており、小学5年から学習塾と同じビルにあったダンス教室に通います。

 

その後、6年から競技ダンス(社交ダンス)を初め、2006年11月19日に開催された『全関東ダンス選手権大会』のアマチュア・ジュブナイル・ラテンアメリカン部門で1位を獲得しています。

中学時代

2007年8月19日に開催された『第2回オールジャパン・ジュニア・ダンススポーツカップ』で日本人首位を獲得。

2007年10月9日には、ロンドンで開催された国際大会『インターナショナル選手権』に競技ダンス選手として出場。

2008年には、日本ダンススポーツ連盟・強化選手ノミネートリストに選出されています。

2008年4月13日には、『ダンススポーツグランプリin大阪』のスタンダード・ジュニア部門で4位入賞。

2008年6月8日には、『東部日本ダンス選手権大会』のアマチュア・ジュニア・ラテンアメリカン部門で1位、アマチュア・ジュニア・スタンダード部門で2位。

2008年6月14日、『日本インターナショナルダンス選手権』のアマチュア・スタンダード・ジュニア部門で4位。

2009年3月1日、『全日本選抜ダンス選手権』のアマ・ジュニアダンス選手権・ラテン部門で2位。

2009年3月2日、『全日本選抜ダンス選手権』のアマ・ジュニアダンス選手権・ラテン部門で5位。

2009年7月19日、『全日本選手権・ジュニア10ダンス選手権大会』で6位。

高校時代

日本ダンススポーツ連盟・2010年強化選手リストに選出。

2010年3月6日、『スーパージャパンカップ』のアマチュア本選ラテン部門に出場。

2010年3月7日、ジュニアスタンダード・ラテン部門に出場。

 

乃木坂46のメンバーに

 

2011年8月、AKB48グループの乃木坂46の第1期生オーディションに合格。ショートカット姿で「広末涼子の再来」と称されていました。デビューシングル『ぐるぐるカーテン』(2012年2月22日)から4thシングル『制服のマネキン』(2012年12月19日)まで選抜メンバー入りしています。

 

アイドル活動をしながらも学業も両立し、2014年4月に第1志望だった早稲田大学文学部に進学しています。同年6月26日、学業に専念するため同グループからの卒業予定であることを発表し、翌7月21日には、同グループを卒業しています。

 

卒業理由はスキャンダル?

 

2013年11月頃、市来玲奈のツイッターの裏アカウントが発覚され、修学旅行時に撮った男性とのツーショット写真が流出しています。また、この画像では右手薬指に指輪を嵌めており、この男性が彼氏なのではないかとネットで話題となりました。

 

同グループは恋愛禁止の為、一部では本当の卒業理由は、この件(スキャンダル)が原因ではないかとの推測がなされています。

 

乃木坂46卒業後

 

2015年4月23日、ツイッターアカウントを開設。ミライプロダクションの所属となり、芸能活動を再開したことを報告。

2015年11月13日放送のTBS系『中居正広の金曜日のスマたちへ(現・金曜日のスマイルたちへ)』の企画、金スマ社交ダンス部においてTBSの山本匠晃アナのパートナーに抜擢され、8月2日、すみだ産業会館で開催された『日本プロフェッショナルボールルームダンサーズ協会主催 NBDAダンススポーツ競技会』の「DSCJ1級戦 スタンダード部門」に出場し優勝しています。

 

2015年12月4日より公開された『サンタクロースズ』にヒロイン・佐伯小夜役で出演しています。

2016年公開予定だった、映画『さざ波ラプソディー』では初主演を果たしています。(2017年公開)

 

2016年10月には、自身のツイッターアカウントを削除。アナウンサーになる布石かとの噂が囁かれ始めます。(ブログは継続)

 

日本テレビアナウンサーに内定

2017年2月3日、各メディアにて市來玲奈が日本テレビのアナウンサーに内定したことが報じられています。来年の2018年4月に入社予定で、AKB48グループ卒業生初となるテレビ局正社員のアナウンサーになる予定です。日刊スポーツによると、複数の関係者の証言として、「市來さんが2017年2月2日までに日本テレビ正社員のアナウンサー職に内定したという。今後は2018年4月の入社に向けて、同期の内定者たちとともに研修などに参加する」と報じています。

 

また、報道後の2017年2月2日の本人のブログでは、「また次のステップへ!」と題し、「今日、遂に!!! 3年生の全ての授業が終わりました!」との報告と家族への想いなどを綴っていますが、日本テレビの内定にはふれていませんでした。

 

金スマ社交ダンス企画を辞めることを正式に発表

2017年2月24日に放送されたTBS系バラエティ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』では、彼女の日テレ内定の報道を受けた山本アナは、「新聞見て初めて知ったので。経過とか全く本人から聞いたことがなかったので。ビックリしましたね。あの記事が本当なら、当然このダンス企画はできなくなるってことですよね」と、彼女から日テレ内定を知らされていなかった驚いています。

続けて山本アナは「これから上目指そうってなっていたんですけどね…」と、今後も企画を続けていくつもりで、昨秋から肉体改造のため体重を14kg増量していたと嘆いています。

記事が出てから初めて対面した様子を放送。

そこで山本アナは「今後ダンスってどうなるんですか?」と単刀直入に質問。すると彼女は「これからは、ちょっと出来ないかなって思いまして…。学業のほうを優先したいなって思ってます。次4年生になるんですね、私。なので4年間できちっと卒業したいというのと、今回の自分の決断というのはすごく辛い部分もあったんですけど、本当に申し訳ないんですけど、ついていくことが出来なくなってしまったかなって…」と答えています。

 

この放送後、彼女は公式ブログを更新。これまで携わってきた社交ダンス企画を辞めることを正式に発表し胸中を綴っています。

「正直にいうと寂しいです。卒業したくなかった。もっと踊りたかった。もっと戦いたかった。もっと選手としての時間を過ごしたかった。それくらい金スマ、社交ダンスの存在がとてつもなく大きかったです」また、この度の番組の編集・演出について「山本さんに学業優先と話したのは その言葉しか今の状況では言えなかったからです。私からは何も答えることができなかったからです。相談もせずに去ったわけではありません。パートナーである山本さんをはじめ 周りの方に相談した上で悩みに悩み抜いた答えです。ここに至るまでの長く、悩んだ期間をたった5分程のVTRに収められてしまい 伝えたくても、伝えられないのかもしれません。テレビでは真実が伝えられていなくて とても悲しかったです。本当に辛いです」

市來玲奈まとめ

 

・競技ダンスの実力者でかなりの経歴を持つ

・元乃木坂46メンバー

・スキャンダルが原因で卒業?

・日本テレビにアナウンサーとして内定

今後も市來玲奈の活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

『市來玲奈 オフィシャルブログ』

関連記事
【日本テレビ】女性アナウンサー名鑑【一覧】
日本テレビ放送網株式会社(にっぽんテレビほうそうもう、英称:Nippon Television Network…
 
スポンサーリンク

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す