.

出水麻衣アナがTBSを退社しフリー転身?フライデーを振り返る

この記事は約 7 分で読むことができます。

2016年10月29日

2014-11-01_111513

 

TBSに所属する出水麻衣(でみずまい)アナウンサーの路上キス現場を写真週刊誌『フライデー』が掲載したのは記憶に新しいところです。

 

”あの”スクープからまだ日が浅いのですが、今度は、『日刊大衆』(2015年7月20日)にて出水アナの「年内退局&フリー転身説」が報じられています。

 

 

スポンサーリンク

出水麻衣アナがフリー転身か?

TBSにまたまた激震が走っている。

 

「昨年9月、エース女子アナの田中みな実(28)がフリーに転身。広島の堂林翔太と結婚した枡田絵理奈(29)も6月18日で寿退社と、人気女子アナの相次ぐ退社に悩むTBSに、追い打ちをかける”衝撃”でした」(夕刊紙記者)

 

それが、7月3日発売の『フライデー』に掲載された、同局の出水麻衣アナ(31)の恥ずかしすぎる”路チュー”写真だ。

 

「彼氏と思われる男性とデート中のデミちゃんが、寿司屋の前やタクシーの中、彼氏の自宅前と、所かまわずキスしまくる様子が写し出されている。目もトロ~ンとして、完全にメスの表情。普段の健康的で明るく知的なイメージからは想像できない妖艶さでしたね」(同記者)

 

出水アナといえば、小学4年生からの高校2年生までアメリカで生活した帰国子女。上智大学在学中から芸能事務所に所属し、女子大生レポーターとして活躍した。

 

「2006年にTBSに入社すると、入社1年目で同局の看板番組『NEWS23』のキャスターに起用されるなど、エース扱いだったが、現在の担当番組は『世界ふしぎ発見!』と、政治をテーマにした討論番組『時事放談』など数本のみ。事実上、干された状態が続いています」(テレビ情報誌記者)

 

その原因となったのが、今から5年前のこと。設備会社社長と何度も路上キスする写真を激撮された”前科”があるのだ。

 

「そのときも局の上層部からきつく叱られ、以降はレギュラー番組が徐々になくなっていったのに、これで2度目の”路チュー違反”ですからね。サッカーでいえば、イエローカード2枚目で退場もの。アナウンス部長は大激怒していて、もう二度とニュースを読むことはないでしょう」(TBS関係者)

 

アナウンス部に居場所もなくなったのか。急浮上してきたのが、年内退局、そして、フリー転身説だ。

 

「出水アナはブログで、後輩の枡田アナが寿退社したことに〈沢山刺激されました!〉とつづっていた。今回フライデーされたことで、年内での電撃寿退社もありえます」(芸能記者)

 

本人は、かねてからフリー転向を希望していたとも。

 

「この春まで5年続いた深夜番組『ツボ娘』では、毎回ゲストで来る人気グラドルのバストを鷲づかみにして揉みしだくなど度胸もある。フリーでの所属は、学生時代にもお世話になった大手事務所のセント・フォースが有力ですね」(前出のテレビ情報誌記者)

 

災い転じて福となす!?

 

引用元:2度目の「路チュー違反」TBS出水麻衣アナ、年内退局&フリー転身へ

スポンサーリンク

出水麻衣プロフィール
本名 出水 麻衣
愛称 マイマイ、デミちゃん
出身地 東京都
生年月日 1984年2月11日(32歳)
身長 160cm
血液型 A型
最終学歴 上智大学外国語学部英語学科
勤務局 TBS
部署 編成局アナウンス部
職歴 セント・フォース所属(大学時代)
活動期間 2006年~
推定年収 1000万円
推定カップ
特技

スポーツ観戦、グルメツアー、観劇、ゴルフ、ランニング、クラリネット、ダンス、クラシックバレエ、マッサージ

免許資格

英検1級、TOEIC980点、教職免許(英語)

好きな色

ピンク、オレンジ

好きな食べ物

和食、フルーツ、スイーツ

好きな音楽

クラシック・ジャズ・J-POP

担当番組

・世界・ふしぎ発見!(土 /21:00~21:54)

・ツボ娘<ツボッコ>(水 /26:16~26:46)

経歴

 

出水アナの経歴は小学4年生の夏から高校2年生の夏までをアメリカのジョージア州で過ごす。帰国後は、国際基督教大学高等学校、上智大学外国語学部を卒業。

 

在学中には、「ミスキャンパスナビグランプリ2003・審査員特別賞」に選出。また、大学時代からセント・フォースに所属しテレビ朝日系列の情報番組「鈴木タイムラ―」などの番組に女子大生リポーターとして出演。

 

大学卒業後の2006年にTBSにアナウンサーとして入社。『王様のブランチ』『NEWS23』『世界・ふしぎ発見!』などの番組に出演し人気を博していました。

 

出水麻衣アナの1度目のフライデー

出水麻衣アナの熱愛スクープ pic.twitter.com/6Tht5B4O0j

— カ○パン【相互フォロー】 (@watasibakayoneh) 2015, 3月 26

2010年10月頃に、創業104年の老舗企業「竹村総合設備株式会社」の今福浩之社長(当時31歳)との、”路上キス”の写真が『フライデー』に掲載されました。

 

知人を交えて都内の高級イタリアンレストランで食事を楽しんだ後、知人とは別れて住宅街へと移動中に路上で何度もキスをしていたところをスクープされています。

 

出水麻衣アナの2度目のフライデー

2016-10-29_202311

TBS出水麻衣アナがイケメンと街中キス! pic.twitter.com/JnqaXicTjj

— カ○パン (@watasibakayoneh) 2015, 7月 3

2015年7月3日発売の『フライデー』では、一般男性とのデート現場、路上でのキス、タクシーの中でのキス写真が掲載されました。

 

出水麻衣アナのフリー転身はあるのか?

 

上記の記事の内容ではTBS退社は確定したわけではなく、まだ予測の範囲なのですが、よほどの野心、上昇志向がないとフリーに転身する可能性は低いと思います。

 

TBSは昔、当時の人気アナウンサー進藤晶子さんに対するイジメ退社騒動がありましたが、昨今は”定年”と言われる30歳以上の女性アナも出産、育児休暇を経てから復職し活躍しています。

 

昔に比べ働きやすい職場環境が整っていると思われるので、近年飽和状態と言われるフリーの世界に飛び込むことはかなりのリスクがあると思います。

 

出水麻衣アナがフライデーの件を説明

 

2015年8月3日放送のTBSラジオ『たまむすび』に夏休み中の赤江珠緒アナの代打として出水アナが出演しフライデーの件を共演者のカンニング・竹山さんに突っ込まれています。

 

竹山「出水さんが来たら、この話でしょうね。フライデーでなの?」

 

出水アナ「単刀直入過ぎますね(笑)」「視聴者の方々、関係各所の皆様には本当に申し訳ないといいますか・・・ただただ恥ずかしい」

 

竹山「申し訳なくないよ。ちょっとタイトルだけ読むと、『TBS出水麻衣アナ、またまた街中でキスしまくり』って書いてますけど、またまた、ってことは前も撮られたってことなの?」

 

出水アナ「実は5年前にもですね、一度やられておりまして・・・そして20代の頃というのはなんとなく恋に浮かれている気持ちもありまして、出た時に、もちろん反省もしましたし、非常に傷つきもしたんですが、それでも『フライデーとかに載せていただけるようになったんだ』という気持ちもあったんですけど・・・30を超えてチューを世の中にさらすというのは、こんなにも情けなく・・・チューの姿なんて結婚式の挙式のときに親族や本当に親しい友達に1回見せれば人生のうちにいいものなのに、私は人生において2回も世間様にこのような痴態をさらしているという・・・」

 

竹山「こういう(写真を撮られている)のは分かるの?」

 

出水アナ「いや、知っていたら私でもこんなことしません。きっとお互いの自宅もバレていて、記者さんが張っていらして、今のカメラは性能が良いのですべて撮られてしまったということですかねェ・・・」 と説明しています。

 

ここで赤江アナが、同番組でこの件についてコメントしている場面を振り返り、
「チューしちゃいかんことはないでしょうに、私も20代の頃にはそりゃもうあちこちでチューしてたよ!たぶん・・・」と話し、竹山さんに「あんたはしてないよ・・ちゅーしたことないだろ」と突っ込まれ「365日チューだよ」と冗談交じりに話し出水アナを擁護していました。これを聞いた出水アナは、

 

出水アナ「も~神様、仏様、赤江様でございますよ。私からしたら」と恩義を感じ感謝の言葉を述べています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事

出水麻衣アナが彼氏と街中キスしている姿を『フライデー』がスクープ

【TBS】出水麻衣アナウンサーの過去の熱愛スキャンダラス!

赤江珠緒アナ(たまちゃん)がいつまでもたっても可愛い!夫や私服について

 
スポンサーリンク

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す